賃貸住宅の入口を守るオートロックの重要性

賃貸のオートロックについて

私が以前、住んでいたマンションは3階建てで全戸数が20戸ほどしかないようなところでした。なので、エレベーターはなく階段でした。しかし、一応オートロックでした。ただ、1階部分は、運動神経の良い方であれば飛び越えられるような感じですので、実際、防犯面に関しては、若干欠けているかもしれないようなところでした。

それから都内のマンションに引っ越すことになったのですが、そこは10階以上の建物で戸数も結構なものでした。エレベーターはもちろん、防犯カメラも数カ所に設置されていましたし、駐輪場も屋内にありました。ただ、各家庭に1台しか駐輪できないのは不便でしたけどね。そして、以前にはなかった宅配ボックスというのが設置されていたのでした。初めはそんなサービスを知らなくて、何のためにあるのかも知りませんでした。

それが、不在の時に飲食物以外の宅配があればその宅配ボックスに入れてくれるというのを知りました。それを知ったのが、たまたま宅配業者が隣の賃貸マンションと、うちを間違えボックスに入れたので開けてほしいと言われたからでした。オートロックですがカメラ付きインターホンではないので声だけの判断となります。少し不信感があるものの特に郵便が届く予定がない以外は出ないようにしています。ただ、お友達が同じマンションに住んでいたのですが、その方は鍵が無くてもオートロックを開けられる暗証番号を知っていました。契約した時に教えてもらったのだとか。我が家はそれを知りませんでした。

関連キーワード

Copyright (C)2018賃貸住宅の入口を守るオートロックの重要性.All rights reserved.