賃貸住宅の入口を守るオートロックの重要性

賃貸のオートロックはあくまでも参考までに

20年くらい前から一部の新築の賃貸住宅などではオートロックと呼ばれるタイプの物件が増えてきました。そのオートロックというのはホテルの客室のドアについているそれとは違って、玄関についている扉のことです。その玄関についているドアは通常では開かない設定になっていて、そこの住人とはいえども外部からそのままだと入れないようになっています。そのためそこの住人が入るためにはあらかじめ認証用のカードなどが管理人あるいは管理会社から手渡しされていて、それを使用してドア横に設置されている認証機器を介すると認証されて入れるのであります。

こんなことは昔からあるのでわかりきっている人も少なからずいるでしょうが、その賃貸住宅に設置されているオートロックで気を付けないとならないのは、あくまでもそのままだと入れない自動の扉だというだけの話です。そのため普通では玄関より先に外部の人間などは入れません。ですがこれには盲点があってインターホンで外部の宅配業者などを装って室内から専用の電話機やインターホンの機器などで許可用の信号を送ってもらい玄関の先まで入れる場合があります。というのも玄関には管理人がいないことが多いからです。管理人がいないからそのようなドアを設置したわけですが、一度玄関をそのような手口で突破されると安全が脅かされる可能性があります。さらに犯罪者は外部からばかりとは限りません。もしかしたらその建物の住人の中にもいるかもしれません。ゆえにいくらオートロックだからといっても100パーセント安心してはならないのです。

Copyright (C)2018賃貸住宅の入口を守るオートロックの重要性.All rights reserved.